白内障とは

白内障とは、眼の中のレンズの役割をする水晶体が濁ってしまう病気です。
白内障は、加齢に伴って発生する場合が最も一般的で、早ければ40歳から発症し、80歳を超えるとほとんどの人が何等かの白内障の状態にあるといわれています。
白内障は、放置さえしなければ基本的には失明する病気ではありません。
しかし一度発症すると、薬では治りません。薬剤は、白内障が発生する前に予防をするか、発症した初期に抑制することが出来ますが、最終的には手術をする以外の方法はありません。

白内障の症状

病院
初期ではこれといった症状はみられません。進行するにつれて、目がかすむ、ぼやけて見えにくい、ものが二重三重にだぶって見える、光がまぶしく感じるなどの症状が現れます。晴れた日の屋外がとてもまぶしく感じたり、車の対向車のライトがまぶしく感じたりします。また、遠くが見えにくく感じるために、近視が進んだように感じる場合もあるようです。
目の構造はよくカメラのしくみに例えられますが、水晶体はカメラでいえばレンズの役割をしている部分です。カメラもレンズにくもりや汚れがあると、光が反射してぼやけて見えますが、目も同様に水晶体の濁りによって光が散乱して、ものがかすんで見えたり、ぼやけたり、まぶしく感じてしまうのです。
また、進行すると瞳を覗くと中心の黒い部分が白っぽく見えます。

白内障の原因

Table light lamp decoration interior of room

http://jp.freepik.com/
老人性白内障は加齢によって水晶体に含まれるタンパク質が白く濁ったり、硬くなったりすることで起こります。なかには黄色や茶色っぽく濁ったりする場合もあります。これらの変化は、個人差はありますが早い場合では40歳代から始まり、加齢とともに増え、80歳代ではほとんどの人に何かしらの白内障の症状がみられるといわれています。しかし、進行には個人差があるので症状があっても、見えにくさを感じないままの場合もあります。
一方、アトピー性の白内障や糖尿病による白内障は、30〜40歳代くらいの比較的若年層に発症することがわかっています。このほか、妊娠中の母体の風疹感染で生まれつき白内障を発症しているケースや、けがや薬の副作用で白内障を起こすこともあります。

白内障の治療法

病院
http://jp.freepik.com/
ごく初期であれば点眼薬で進行を遅らせられる場合があります。
症状が進んで、日常生活に不便や煩わしさを感じるようになり、本人が視力の回復を望む場合には手術を検討します。
白内障の手術は、超音波水晶体乳化吸引術と眼内レンズ挿入術をあわせておこなうのが一般的です。手術は局所麻酔で顕微鏡を使っておこなわれます。水晶体は水晶体嚢(すいしょうたいのう)という外側の袋の中心にある水晶核と周囲を覆う皮質でできています。超音波で白く濁った核や皮質部分を乳化させて吸引し、その代わりに眼内レンズを水晶体嚢の中へ挿入します。手術にかかる時間が短く、患者の負担が軽くすむのが特徴です。










つくばの情報をお届け!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA