飛蚊症とは

飛蚊症とは、モノを見ているときに黒い虫のようなものが動いて見える状態のことです。

飛蚊症の症状

海のさざ波と砂浜
黒い虫のようなものの形や大きさはさまざまで、視線を動かすと追いかけてくるような動きをする場合もあります。症状が出る年齢もさまざまで、20代から症状を自覚する人もいます。

飛蚊症の原因

ハートを指差している
http://jp.freepik.com/
飛蚊症の原因は、生理的なものと、目の病気が原因で起こるものとに分けられます。

飛蚊症の原因

飛蚊症の治療法

病院で診断を受けている子供
http://jp.freepik.com/
飛蚊症の治療には、レーザー治療(保険適用外)が行われます。

レーザーで濁っている部分を分散し、症状を軽くすることができるそうです。

飛蚊症を自覚した場合は、まずは自分で判断するよりも眼科での受診をオススメします。

眼科の医師と飛蚊症の治療方針について良く相談の上、治療をして下さい。










つくばの情報をお届け!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA