網膜動脈閉塞症とは

網膜動脈閉塞〈へいそく〉症とは、網膜に血液を送っている動脈が詰まり、網膜の細胞への血流が途絶えてしまう病気です。細胞が活動するには酸素や栄養が必要で、血流が途絶えると、その箇所から先の細胞は死んでしまいます。網膜は、カメラでいうと光の情報を感知するフィルムの役割をする神経組織ですから、網膜細胞が死んでしまうと光を感知できなくなり、視覚が失われてしまいます。

網膜動脈閉塞症の症状

風景
血の通わなくなった網膜はすぐに機能を失うので、症状は突然現れます。中心動脈閉塞症では視野全体が暗くなり、視力も大きく低下します。分枝動脈閉塞症では、閉塞した部分に対応する視野が暗くなります。視力は、閉塞した部分に網膜の中心が含まれるかどうかにかかっています。中心が含まれれば視力は低下し、含まれなければ低下しません。
一瞬、片方の眼が暗くなってしばらくして治るというような前駆症状が何回か起こり、その後本格的に発症することもあります。

網膜動脈閉塞症の原因

病院の検査
http://jp.freepik.com/
網膜動脈閉塞症は、血栓や塞栓子が詰まることが原因です。動脈硬化や弁膜症、不整脈などの循環器疾患によって引き起こされます。詰まるのは、血栓の他、カルシウムやコレステロール結晶の場合もあります。年齢が高いほど起こりやすくなるので、加齢による血管や血液の変化が基礎にあると考えられます。糖尿病、高血圧症、動脈硬化症、心臓弁膜症(しんぞうべんまくしょう)の人は起こる率が高くなることが知られています。

網膜動脈閉塞症の治療法

医者が子供を診察している
http://jp.freepik.com/

  • まぶたの上から指で眼球マッサージをして、網膜血管の循環を良くする
  • 前房穿刺(眼の中の水を抜く)や眼圧下降薬で眼圧を下げ、網膜血管をひろげる
  • 血栓溶解剤や網膜循環改善薬を投与する
  • 星状神経節をブロックする(動脈拡張作用)










つくばの情報をお届け!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA