黄斑円孔とは

眼の解剖から説明します。眼には、カメラにおけるフィルムにあたる部分が存在します。それが網膜です。眼の内側に張りついた神経でできた膜です。ここで光を感じ取ります。眼の中に入ってきた光は網膜で感じるわけです。
その網膜の中でも、物体を鮮明に、はっきりと感じる部分があります。すなわち網膜の中の命にあたる部分があります。それが黄斑なのです。その大切な黄斑に孔があく病気を黄斑円孔と呼びます。

黄斑円孔の症状

森の木漏れ日
黄斑円孔の初期症状は、視力低下と物のゆがみです。徐々に進行しますと、その見にくい部分が大きくなり、より視力が低下します。黄斑は網膜の中心ですから、見にくい部分は見ようとする中心なのです。見ようとする中心以外の周辺は今までと変化がありません。痛みはまったくありません。不幸なことは、まれに両眼に黄斑円孔がおこります。良い方の眼も今後注意が必要なのです。

黄斑円孔の原因

ハートを指差している
http://jp.freepik.com/
眼の老化、とくに硝子体(しょうしたい)の加齢による変化が原因です。硝子体の最も外側、網膜と接する部分を硝子体皮質といいますが、加齢とともに黄斑部網膜に接する硝子体皮質に接線方向の張力が加わります。すると、網膜と硝子体皮質は中心部で強く接着しているため、網膜の中心に前方への牽引力(けんいんりょく)が加わり、黄斑部網膜に亀裂(きれつ)が入って黄斑円孔ができると考えられています

黄斑円孔の治療法

病院の先生が患者を診察している
http://jp.freepik.com/
ごくまれに自然に治ることがありますが、一般的には硝子体手術が唯一の治療法です。手術で最も重要なポイントは、後部硝子体皮質(こうぶしょうしたいひしつ)を網膜の表面から剥離(はくり)することにありますが、最近は内境界膜(網膜の最表面にあり、後部硝子体皮質と接する膜)を併せて取り除く方法が広まっています。
手術では眼のなかに気体を注入するので、術後数日間はうつ伏せの体位をとらなくてはなりません。うつ伏せはかなりつらいようですが、今では手術によって90%以上は円孔が閉鎖するようになっていますから、がんばる甲斐はあります。円孔が閉鎖すると、直後から変視症は大幅に改善しますが、視力の回復はさまざまです。










つくばの情報をお届け!