黄斑上膜とは

眼には、カメラのフィルムにあたる部分が存在します。それが網膜です。網膜は眼球の内側を裏打ちする神経でできた膜で、ここで光を感じ取ります。その網膜の中でも、物体を特に鮮明にはっきりと感じることのできる部分があり、それを黄斑といいます。黄斑上膜とはこの黄斑の上にセロファン状の膜ができる病気です

黄斑上膜の症状

医者がタブレットを使って病気を説明している
物を見る中心である黄斑の上に膜ができるため、膜越しに物を見ることになり視力低下が生じます。またこの膜が収縮することによって網膜を引っ張り、網膜に皺(しわ)を作ったり黄斑に浮腫(むくみ)を起こしたりすることがあり、そのために物がゆがんで見えたりする場合もあります。

黄斑上膜の原因

女性が原因を説明している
http://jp.freepik.com/
黄斑上膜ができるのには、様々な原因があるのですが、最も多い原因は加齢に伴うものです。正常な眼球でも40歳から60歳くらいになると、眼球の大部分を占める硝子体に生理的な変化が起こってきて、硝子体が網膜から離れていくのですが、この時に黄斑に硝子体の一部が残ってしまうことがあり、これが分厚くなって黄斑上膜となります。

黄斑上膜の治療法

病院の先生が患者を診察している
http://jp.freepik.com/
治療をするなら、硝子体手術が唯一の方法です。しかし、黄斑上膜はすべて治療しなくてはいけないものではありません。程度によっては治療の必要はないので、視力障害や変視症の程度、発症してからの期間などさまざまな条件を考慮して治療すべきかどうかを考えます。
また、失明に至るという病気でもないので、本人が望まなければ無理に手術する必要はありません。










つくばの情報をお届け!