水疱性角膜症とは

角膜内皮細胞の機能不全により、角膜が浮腫状に混濁する病気です。角膜内皮細胞は、角膜の一番内側にある細胞で、角膜内の水分量を調節している細胞です。具体的には、角膜内に溜まった水分をポンプ機能により排出する役割を担っています。この機能により、角膜の水分量は一定に保たれ、角膜の厚みや透明性が維持されています。この機能が障害されますと、角膜内の水分が排出できなくなり、角膜は浮腫んで厚くなり透明性も低下します。また、浮腫のために角膜の表面を覆っている角膜上皮が剥がれやすくなります。

水疱性角膜症の症状

空にきれいな空心が晴れる
角膜が浮腫状に混濁することにより、視力が低下します。また、角膜上皮が剥がれると激しい痛みを生じることがあります。
一瞬、片方の眼が暗くなってしばらくして治るというような前駆症状が何回か起こり、その後本格的に発症することもあります。

水疱性角膜症の原因

病院の検査
http://jp.freepik.com/
角膜の内側に並んでいる内皮細胞の数が減って、角膜に入ってくる眼内の水(房水(ぼうすい))を眼内へもどすポンプのはたらきが低下するのが原因です。角膜の内皮細胞は、生まれてから死ぬまで増えることはないので、遺伝的に内皮細胞が弱かったり(フックス角膜内皮ジストロフィなど)、外的な原因で内皮細胞が障害されたり(外傷、角膜感染、白内障(はくないしょう)手術、緑内障(りょくないしょう)に対するレーザー治療など)した結果生じます。

水疱性角膜症の治療法

病院のベッドでねている女の子
http://jp.freepik.com/
角膜内皮細胞は増殖能力がないため、一度障害をうけて数が減ってしまうと元にもどすことができません。そのために、水疱性角膜症を治すためにはドナーから提供された角膜を移植する必要があります。これが角膜移植です。
また、治療用コンタクトレンズを装用したり、食塩眼軟膏を処方したりすることで、眼の痛みに対する治療や軽度の水疱性角膜症の進行を抑える方法もあります。ただし、これらは対症療法なので、一定期間しか効果がない場合があります。よって根本的な治療となると、やはり角膜移植になります。










つくばの情報をお届け!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA