第18回筑波山頂カタクリの花まつり【4/1(日)~20(金)】

筑波山で開催のイベントカタクリの花まつり




筑波山の山頂付近では、カタクリの花が約3万株ほど自生しています。そして山頂にある広さ約2ヘクタールのカタクリの里は、まつり開催期間中のみ開放され、たくさんのカタクリの花を鑑賞することができます。その他、筑波山男体山頂の周辺を巡るハイキングコース「自然研究路」でも、カタクリの花々が咲きほこり、春の可憐なカタクリの花をお楽しみいただけます。

カタクリの花まつり

筑波山で開催のイベントカタクリの花まつり 筑波山で開催のイベントカタクリの花まつり

カタクリの花まつりの見どころ

■筑波山頂カタクリの里
広さ約2ヘクタールの敷地内に薄紫色のカタクリの花が群生します。
・筑波山ケーブルカー筑波山頂駅から徒歩3分
・筑波山ロープウェイ女体山駅から徒歩10分
■自然研究路
ハイキングコースの足元にカタクリの花が群生します。またカタクリだけでなく、春の草花が咲き訪れる人々を楽しませてくれます。
(距離約1.5km、一周約1時間、70m程の高低差あり)

《カタクリの里・自然研究路に咲く花の種類(4月~5月)》

カタクリ・白花のカタクリ・ニリンソウ・ハルトラノオ・ナガバノスミレサイシン・キクザキイチゲ・ユリワサビ・ワチガイソウ・ヒナワチガイソウ・ツクバキンモンソウ・トウゴクサバノオ

筑波山頂に咲く花々

カタクリの花について

カタクリ

かたくりはユリ科カタクリ属の多年草です。北向きの斜面下部などに群生し、早春に下を向いた薄紫から桃色の花を咲かせます。筑波山では稀に白い花びらを付けたカタクリを見ることができます。

カタクリの花言葉

カタクリの花言葉は「初恋」です。うつむいて咲く花姿から、恥じらいにより自分の気持ちをうまく伝えられない、せつない初恋の気持ちを連想したものであるといわれています。

筑波山頂カタクリの花まつりパンフレット

  インフォメーション
期間
平成30年4月1日(日)~4月20日(金)終了しました
場所
筑波山山頂付近
開催イベント
期間中(土・日)10:00~14:00/ガマの油売り口上
4/7(土)10:00~14:00/つきたての草餅サービス(11:00~先着100名)
4/15(日)13:00~15:00/筑波山ミニコンサート【Ns.aoi ,LuI 他】
会場:筑波山頂展望フロア(ケーブルカー筑波山頂駅前)
※イベントは雨天中止・都合により内容・時間が変更になる場合がございます。
注意事項
筑波山カタクリの里は、国定公園の特別保護地区に指定されています。動植物を始め、昆虫や鉱物、土壌の採取などは禁止となっています。草花を摘んだりする行為は絶対にしないでください。
お問い合わせ
つくば観光コンベンション協会
電話番号/029-869-8333
駐車場
筑波山周辺パーキングをご利用ください。
料金
無料
アクセス
電車/つくばエクスプレス「つくば駅」→直行筑波山シャトルバス40分、バス停:筑波山神社入口下車、徒歩15分、宮脇駅からケーブルカーで山頂へ
車/常磐自動車道「土浦北IC」より、国道125号線経由約40分(20km)
地図を表示










つくばの情報をお届け!