手代木中の学校給食に長さ約7ミリ、太さ約1ミリの針金状の物が

つくばニュースアイキャッチ




12月4日(火)午後0時50分頃、つくば市立手代木中学校にて、1年生の生徒1名が、給食の麻婆豆腐を喫食中に口の中で硬い物を感じ、取り出したところ、長さ約7ミリ、太さ約1ミリの針金状の物が発見されました。
混入物の特定はできておらず、混入経路も不明。現在調査中。
また、当該生徒にケガはなく、翌日も元気に登校しており、同校の他の生徒及び他校から同様の異物混入案件の報告はありません。

つくば市役所HPより

混入していた異物

混入していた異物










つくばの情報をお届け!