同僚女性宅の布団で寝ていた大学職員を逮捕 茨城・つくば

つくばニュースアイキャッチ




茨城県警つくば中央署は14日、同僚の女性(27)が住むアパートの部屋に無断で入ったとして、住居侵入の容疑で、つくば市並木の国立大学職員を現行犯逮捕した。容疑者は酒に酔っており、詳しい事情を聴けていないという。

同署によると、部屋に泊まっていた住人の友人の女性(27)が同日未明に戻った際、室内の布団で寝ている容疑者を発見。住人の女性に確認した後、110番通報し、駆けつけた同署員が逮捕した。住人の女性は出張中で不在だった。同署が侵入方法や動機などを調べている。










つくばの情報をお届け!