つくば市が8月に国内初の取り組み「ブロックチェーンとマイナンバーカードで投票」

つくばニュースアイキャッチ




つくば市は、ブロックチェーンとマイナンバーカードを組み合わせた投票を、国内で初めて行う。つくば市による革新的技術への支援事業で、支援案件を選ぶのに投票を実施する。署名用パスワードが付いたマイナンバーカードがあれば、つくば市民以外の人も参加できる。

 つくば市は、モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、ビッグデータ解析などの革新的技術を使った実証実験を支援する「つくばSociety 5.0社会実装トライアル支援事業」を進めている。このほど1次審査で13件まで絞り込んだ。今回のブロックチェーン投票と審査員による審査で支援先5件を決定する。

つくば市は7月31日のプレスリリースの中で「ブロックチェーン技術を活用し、投票内容の改ざん防止や秘匿性を確保し、適正かつ効率的な投票の実現を図ります」と、今回のブロックチェーン投票の理由を説明する
全文つづきはこちら










つくばの情報をお届け!