「筑波山・ひたち海浜公園・笠間陶炎祭」人出が多かったのは!?茨城県内GW人出結果!!

国営ひたち海浜公園のネモフィラ




2018年度のゴールデンウイーク(GW:4/28~5/6)は、過ごしやすい天候ともあり県内の主な観光地の人出は好調だったようです。どのくらいの人出だったのか結果を見ていきましょう。

「国営ひたち海浜公園」入園者は31万5069人

昨年より26万7935人少なく、同公園によると”今年は春先の気温が高く、ネモフィラ※が例年のGW中ではなく、4月中旬~下旬に見ごろを迎えていたため”という。4月の入園者数は63万5588人(昨年同月比43%増)で、過去最多を記録した。※ネモフィラは人気の青い花
国営ひたち海浜公園のネモフィラ
https://blogs.yahoo.co.jp/heromenkmr/

国営ひたち海浜公園
所在地/茨城県ひたちなか市馬渡大沼605-4
ネモフィラ鑑賞期間/4月中旬~5月上旬

笠間焼の陶器市「笠間の陶炎祭(ひまつり)」来場者は約54万3000人

笠間市で毎年開かれている、笠間焼の陶器市「第37回陶炎祭(ひまつり)」4月29日~5月5日の開催。昨年より約9000人多く、主催の笠間焼協同組合によると、GW期間中は5月3日以外雨が降らなかったほか、国営ひたち海浜公園のネモフィラ見物へ行かなかった観光客が集まったのではないかとのこと。
笠間の陶炎祭
https://blog.goo.ne.jp/

笠間の陶炎祭
会場/笠間芸術の森公園 (茨城県笠間市笠間2345)
開催期間/2018年4/29(日)~5/5(土) 9:00~17:00

筑波山の観光客は約7万8000人

GW期間中、家族や友達と筑波山を楽しもうと多くの方が訪れ、ケーブルカーには長蛇の列ができるほどだったが、昨年より約6000人少なかった。つくば市は「雨の日があったためではないか」とみている。
筑波山ケーブルカー
https://4travel.jp/
筑波山
所在/茨城県つくば市筑波

坂東市大崎「茨城県自然博物館」来場者は約3万7000人

坂東市大崎にある「ミュージアムパーク 茨城県自然博物館」。GW期間中は例年とほぼ同じ約3万7000人が訪れた。親子連れが多く、恐竜ロボットの展示コーナーには連日行列ができ、職員が通行整理するほどだった。
茨城県自然博物館
http://www.go2park.net
茨城県自然博物館
所在地/茨城県坂東市大崎700
開館時間/9:30~17:00(入館は16:30まで)

常総市で開催「がんばっぺ!常総フェスティバル2018」来場者は約1万人

関東・東北豪雨(2015年9月)で被災した常総市にて、シンガー・ソングライター泉谷しげるさんが企画したイベント「がんばっぺ!常総フェスティバル2018」には約1万人が訪れた。中でもグルメフェアの開催日は特に人出が多かったそうだ。
「がんばっぺ!常総フェスティバル2018」
がんばっぺ!常総フェスティバル2018
会場/豊田城(茨城県常総市新石下2010)
開館時間/10:00~18:00










つくばの情報をお届け!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA