つくば、土浦、図柄入り自動車用ナンバープレートのデザイン決定!

つくばニュースアイキャッチ




図柄入り自動車用ナンバープレートの「つくばナンバー」と「土浦ナンバー」のデザインが決まった。それぞれ2018年10月ごろから交付される。

つくばと土浦のナンバープレート

つくばナンバーは、筑波山頂付近に太陽が昇る「ダイヤモンド筑波」のデザイン。土浦ナンバーは、霞ケ浦の帆引き船や、土浦市で全国大会が開かれる花火をイメージした。

 

【つくばナンバー】
対象は古河市、結城市、下妻市、常総市、つくば市、守谷市、筑西市、坂東市、桜川市、つくばみらい市、八千代町、五霞町、境町の13市町が対象。

【土浦ナンバー】
土浦市、石岡市、龍ケ崎市、取手市、牛久市、稲敷市、かすみがうら市、美浦村、阿見町、河内町、利根町の11市町村が対象。

 

18年8月から交付の事前申し込みを始める。数千円程度の手数料が必要で、通常は白黒だが、1台当たり数千円の寄付金を払えば、カラーにできる。寄付金は地元自治体の収益になる。 (宮本隆康)

引用:http://www.tokyo-np.co.jp







つくばの情報をお届け!