「東筑波ユートピア」でニホンザルが脱走!

つくばニュースアイキャッチ




茨城県石岡市吉生の自然動物公園「東筑波ユートピア」で20日、飼育しているニホンザル3匹が檻(おり)から逃げ出す騒ぎがあった。

石岡署によると、同日午前8時ごろから同10時50分ごろにかけて、9匹のサルのうちの3匹が檻の扉部分数十センチの隙間から外に逃げ出した。3頭のうち1頭はまもなく戻り、別の1頭は午後2時50分ごろ、園内に仕掛けたわなにかかっているのが見つかり、最後まで逃げた5歳のメス「ウッキー」も午後5時10分ごろ、わなにかかり捕まった。

同園の小川高広オーナー(79)は「扉の一部分の角材が外れてしまっていた。すぐに補強した。ナシやブドウの収穫の時期だけに、下の畑に下りずに済んでよかった」と話していた。

この日、同園には30人の来園客がいたが被害はなかった。










つくばの情報をお届け!