つくばの住宅に3人組強盗「家の中が荒らされて現金などが奪われた」

つくばニュースアイキャッチ




12日昼ごろ、茨城県つくば市に住む社会福祉法人理事の男性(79)方に男とみられる3人組が押し入り、現金や貴金属などを奪ったとつくば中央署に通報があった。同署が被害状況の確認を進めるとともに、強盗事件として3人組の行方を追っている。

同署によると、3人組は20~30代とみられ、身長は160~180センチ。黒や灰色のパーカーとズボンを着用していた。

事件当時、男性の妻(77)と長女(46)の2人が在宅していた。男らは「首を折るぞ」などと2人を脅迫して両手を縛り、現金などを奪って逃走した。その後、2人は長女の夫の職場に逃げ込み、夫が同日午後3時20分ごろ、同署に通報したという。

2月6日には土浦市内で3人組の男が住宅に押し入り、住人の男性をひもで縛って現金約300万円を奪う事件が発生しており、同署は同一犯の可能性もあるとみて調べている。

http://www.sankei.com/










つくばの情報をお届け!