発見!?こんな時代があった!平沢官衙遺跡(筑波山周辺スポット)

青空を背景に木でできた名板に平沢官衙遺跡と書いてある賀三です。




平沢官衙遺跡

つくば市平沢に位置する平沢官衙遺跡は、奈良時代から平安時代にかけて造営された常陸国筑波郡の郡衙(役所)の一部で、その重要性から国の史跡となっている施設です。
平沢官衙遺跡の3つの遺跡

昭和50年(1975)に調査を行い、昭和55年(1980)に国の史跡に指定されました。平成56年度(1993-1994)に復元整備事業を計画し本格的な発掘調査を行い、一般の遺跡ではみられない大型の高床式倉庫と考えられる建物が数多く並び、それらを大きな溝が囲むという全容が確認されました。これらの倉庫跡は、その頃の税である稲や麻布などを納めた、郡役所の正倉跡と考えられつくば市では平成9年度(1997)から6年間をかけて往時の姿を復元しました。復元された建物は、なだらかな丘の上に3つ並んでいます。

2号建物(第18号建物跡)の高床式倉庫 目板打ち厚板流れ葺と茅葺 2号建物(第18号建物跡)高床式倉庫

一号建物(寄棟・目板打ち厚板流れ葺第Ⅲ記(8世紀後半)の建物の中でもっとも面積が狭く、校木を井桁状に組み上げる校倉は郡衛正倉の中では中規模以下の倉に多いことが判明している。奈良の東大寺や唐招提寺の校倉を参考にして復元されています。
二号建物(寄棟・茅葺)本遺跡中最大の第Ⅲ記の建物で、郡衛において中心的で巨大な正倉は法倉と呼ばれ、土壁構造が多かったと推定され、奈良県の法隆寺網封蔵を参考に復元されている。双倉構造とし、屋根は遺跡の瓦出土量が少なく、茅葺としてあります。

三号建物(切妻・傳板葺)発掘調査で発見される堀立柱建物は、1柱穴1柱が普通だが、本建物では側柱穴に2本の柱痕跡が見つかり、1本は通し柱、もう一本は床を支える添束(柱)と考えられ、柱の間に板壁を落とし込む板倉で復元されている。屋根は切妻とし、郡衛正倉はこの板倉が最も多い。普門寺への参拝からの帰途の途中で125号線を通っている時に立ち寄りました。広大な丘の広場の中に忽然と古代の風景が現れています。案内所ではビデオ上映も行っています。また、北条地区の紹介として「北条歴史めぐり絵巻」と題した案内看板もあります。

  インフォメーション
住所
〒300-4213
茨城県つくば市平沢353  
お問い合わせ
〒310-8588
茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階] 電話番号/029-301-5449(文化財担当)
駐車場
あり(無料)
ライトアップイベント>>ギャラリー
休館日
要確認
アクセス
電車/つくばエクスプレスつくば駅からつくバス小田シャトルで44分、大池・平沢官衙下車、徒歩5分
車/常磐自動車道土浦北ICより、国道125号線経由約18分
地図を表示










つくばの情報をお届け!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA