関東三雷神のひとつ【金村別雷神社】かなむらわけいかづちじんじゃ

金村別雷神社の鳥居です。




金村別雷神社 神社・寺/つくば市上郷

小貝川のほとりに鎮座する当金村別雷神社は、桓武平氏の一族である豊田公が霊夢に感応して、承平元年(931年)三月十五日に京都上賀茂の別雷神社の御分霊を守護神として、この地に奉斎したと伝えられています。雷神として関東地方でその名を知られます。茨城県には社名に「雷」の付く神社が26社がありますが、その中で金村別雷神社は唯一の郷社であり、残りの神社は村社か無格社です。
金村別雷神社の駐車場前の鳥居です。

古木が立ち並ぶ先に見える金村別雷神社の中の鳥居です。

「雷」の付く神社の鎮座地は、いずれも落雷多発地域であり、社地が自然堤防上の微高地や氾濫原など河川や湖沼沿いにあるという共通点があります。金村別雷神社は沖積低地の氾濫原にありますが、境内地が冠水することはなかったと言わています。

金村別雷神社の本殿正面です。

1960年代までは参道沿いに鳥居前町が形成されていましたが、小貝川の改修工事によって町全体が堤防の左岸に移転したため、現地に残った神社と分離し、宿泊所や土産物店は廃業したそうです。鳥居前町の跡地は現在、参拝者の駐車場として利用されています。

  インフォメーション
住所
〒300-2645
 茨城県つくば市上郷8319
電話番号
029-847-3773
駐車場
あり(無料)
授与所
午前9:00~午後16:00
祈願
家内安全、商売繁盛、交通安全、雷除、風除け、厄除、子宝・子授、安産、初宮詣、七五三詣、神棚清祓、工事安全
アクセス
電車/関東鉄道常総線三妻駅よりタクシーで3分
 
地図を表示










つくばの情報をお届け!