農業と食を学べるミュージアム「食と農の科学館」

食と農の科学館内にある米模型の展示物です。




食と農の科学館

日本の農業と食に関連した新しい研究成果や技術を説明したパネルや模型などを展示しています。北海道~九州・沖縄の各地域の関連機関で育成された新品種についても、サンプルやパネルでわかりやすく紹介されています。普段何気なく手にしている農産物がどのように生み出されたものなのか、日々進歩する農業技術、美味しく体にも良い機能性の新品種の紹介など、食や農業に関してを学ぶことができます。

食と農の科学館の看板です。

◆研究成果コーナー

研究成果コーナーでは、農林水産業の研究を6つの分野に分けてパネル展示でご紹介しています。農業と環境とのかかわりがわかるジオラマや北海道から沖縄まで各地域で育成されたお米の新品種などをサンプルやパネルでわかりやすく紹介しています。

食と農の科学館の館内の様子です。 食と農の科学館内にある色々な国の米を展示パネルで紹介しています。 食と農の科学館内にあるお茶の葉です。

 

ほっとコーナー、農作業の用具・機械展など

ほっとコーナーでは定期的に企画展示などが行われているほか給茶機が設置されており無料で試飲できます。農業技術発達資料館では、畑・稲・養蚕の作業を紹介したパネルと、実際に使われてきた農機具でその移り変わりをみることができます。

syokutonou11

  インフォメーション
住所
〒305-8517
茨城県つくば市観音台3-1-1
電話番号
029-838-8980
開館時間
9:00~16:00
入館料
無料
休館日
年中無休 ※年末年始、臨時休館を除く
駐車場
あり(無料)
ホームページ
アクセス
電車/みどりの駅からタクシーで国道354号線経由17分
/首都圏中央連絡自動車道(圏央道) つくば牛久I.Cより約4km
バス/みどりの駅から関東鉄道農林団地循環「農林団地中央」下車徒歩約5分
地図










つくばの情報をお届け!