ものを見る時、光は角膜と前房(ぜんぼう)を通って瞳孔(どうこう)から眼球内に入り、角膜や水晶体(レンズ)で屈折されたあと、硝子体(しょうしたい)を通って眼底の網膜に達し、網膜で光が感じとられます。感じとられた光刺激は視神経を通って脳に伝えられ、「見える」ことになります。この経路のどの部分でも異常が起これば、さまざまな症状が現れてきます。
女性の目のアップ
https://pixabay.com/

視力低下/見え方の異常から考えられる主な病気

気になる症状 疑われる病気名
眼を動かすと眼の奥が痛む、中心暗点 視神経炎
視野全体が暗くなる 網膜動脈閉塞症
かすむ、まぶしい 網脈絡膜炎
ゆがみ 脈絡膜腫瘍
角膜表面に水疱、眼痛 水疱性角膜症
かすむ、二重三重に見える、まぶしい 白内障
目の前を小さな「浮遊物」が飛んでいるように見える 飛蚊症(ひぶんしょう)
霧がかかったように見える状態 霧視(むし)
視野の中に見えない箇所がある状態 網膜剥離
視界が黄色く見える 中心性網膜症
充血 眼窩蜂窩織炎
眼の奥の痛み 筋無力症
物が吸い込まれるように見える 黄斑円孔
物が波打って見える 黄斑上膜

目に異常を感じたらすぐにお医者さんで診てもらいましょう。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA