毛根活動しませんか?抜け毛や薄毛にはヘアケアより食事改善!!

スーツを着てメガネをかけた男性が部屋の中でバランスと書かれたパネルを持ち指をパネルに指している様子の画像です。




髪が薄くなってきて発毛・育毛剤を使ったが効果がな~いという方も多いのでは?

スーツで眼鏡をかけた男性が両手で頭を抑えている画像です。

抜け毛や薄毛は男女ともに共通の悩みです。
発毛剤や育毛剤をどれだけ使おうとも効果が得られないのは外側からのケアで「対処療法」だからです。薄毛などは体内の原因が多いため外側からのケアでは治りづらいといえます。

実は食事を変える事が抜け毛、薄毛改善への一番の方法なのです!

髪の毛は99%がケラチンタンパク質で構成されています。
そのタンパク質の吸収と栄養の吸収を助けるのがビタミンと亜鉛です。

つまりバランスの良い食事が重要です。

にんじん、さやえんどう、マッシュルームなどのバランスのいい緑黄色野菜、フライパンで炒め、木製のフォークですくっている画像です。

 

では、食事にはどんなものを取り入れるのが良いのか?

毛根活動に必要な栄養素
ビタミンB2・B6皮脂の過剰分泌を防いで毛穴を詰まらせない栄養素。
(主な食材)魚・卵・大豆・乳製品・肉類・バナナ・ナッツ
ビタミンE血管を広げて毛乳頭に栄養をスムーズに運ぶ役割。
(主な食材)すじこ・たらこ・とうがらし・アーモンド・抹茶
亜鉛食べ物からのアミノ酸を髪の毛に合成してくれる大事な栄養素。
(主な食材)牡蠣・豚レバー・ごま・魚介類・肉類・煮干し

食事の際には上記のものを取り入れるようにしましょう。そうすることで髪の毛・頭皮に必要な栄養が体内に取り入れることができます。

黄色いバナナと刻まれたバナナサーモンと付け合せの野菜でバランスのとれた食事です。髪の育毛にとても良い食事内容です。

 

◆他にも髪を作るのに必要不可欠なのが「男性ホルモン・女性ホルモン」のバランスです。

ホルモンが育毛の命令を出していますので、バランスの悪い食事ではホルモンバランスが崩れます。この悪い状態では育毛剤や発毛剤をどんなに使おうと結果は期待できません。髪はどんどん作られなくなり、細くなる・変な癖が出る・薄くなる・抜けるというような症状が現れます。

◆まずは生えてくる髪に対して「体内ケア」が不可欠です。

女性が仰向けになり目を閉じて髪を洗ってもらっている様子の画像です。頭皮ケア

食事以外の対策として

◆規則正しい生活を心がける。(髪の毛が成長する時間まで(午後10時から午前2時)にしっかり睡眠をとる。)
◆毛根を清潔に保つ。シャンプーをする際にしかっり頭皮を揉むように洗う。
◆運動をして血流をよくしましょう。心も体もリフレッシュしてストレスを与えないことも大事です

 







つくばの情報をお届け!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA