履歴書の書き方はこれでばっちり!

紙に何か書こうとしている男性

履歴書の正しい書き方を身に付けよう!

いざ履歴書を作成しようとなると
「どうやって書くんだろう・・・」
「履歴書のマナーがわからない」
など悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

ここではそういった悩みを解決するため
項目ごとの書き方、「志望動機」や「自己PR」のつくり方、マナーを押さえた提出方法まで解説しています。

履歴書の書き方

履歴書は自分をわかってもらう重要な一つの資料です。
履歴書に記入する際は、正しく・見やすく書くことを心がけましょう。
学歴・職歴・志望動機・自己PRなど、記入欄別の書き方を具体的に解説します。一つずつしっかりと書いていきましょう。

03履歴書 新しい

 

日付の正しい書き方

日付は書いた日の日付、又は持ち込む日付を書きましょう。
年は西暦・元号、どちらでも大丈夫です。

住所の正しい書き方

住所は現在住所を省略せずしっかり書きましょう。
(アパート名・部屋番号まできちんと書く)

学歴の正しい書き方

一行目の中央に【学歴】を記載しましょう。
学歴の年号は、履歴書の記入日・生年月日・学歴と合わせれば、西暦でも和暦でもどちらでもかまいません。

職歴の正しい書き方

『学歴』の最終行の次の一行の中央に【職歴】を記載しましょう。
統一すれば西暦でも和暦でも大丈夫です。
企業名・部署名などは省略せずに正式名称で書きましょう。

履歴書 sikaku

免許・資格の書き方

取得年月順に書いていき、記載名称は正式名称で書きます。
応募先の業務に関する資格を持っている場合は、その資格も忘れずに書いて下さい。

特技・好きな学科の書き方

詳しく聞かれてもしっかり答えられる特技・学科を書きます。
空白や特になしと記載しないよう気をつけて下さい。

志望の動機の書き方

分量の目安は志望動機欄の大きさに対して長すぎず、短すぎないくらいで敬語で書きます。

本人希望の書き方

就職する上での最低限の条件と連絡を希望する時間帯をしっかり書きます。
希望条件の詳細は面接の場で直接伝えられるようにしましょう。







つくばの情報をお届け!