筑波山登山(御幸ヶ原コース・白雲橋コース)ルート案内

筑波山女体山を登山している女性ふたり




筑波山登山コース

筑波山神社からスタートする筑波山の登山コースは主に以下の2つとなります。
①御幸ヶ原コース(みゆきがはらコース)男体山から登るコース
②白雲橋コース(しらくもばしコース女体山から登るコースがあります。
標高871mの男体山を目指すのであれば①御幸ヶ原コース
標高877mの女体山を目指すのであれば②白雲橋コースです。

どちらのコースも御幸ヶ原に繋がります。
筑波山登山ルートコース

御幸ヶ原は、筑波山の男体山と女体山の狭間にある、鞍部(あんぶ)と呼ばれる場所です。御幸ヶ原にはケーブルカーの山頂駅、コマ展望台や茶屋があり、お食事をしたりお土産を購入することができます。茶屋は「たがみ」「みゆき」「めをと」「たかはしや」「仲の茶屋」があります。

登山をする前の持ち物チェック
コマ展望台

筑波山頂駅となりにあるレストランのコマ展望台

御幸ヶ原:コマ展望台(左)筑波山頂駅(中)茶屋(右)
背景山:男体山

筑波山頂駅前御幸ヶ原男体山

御幸ヶ原:茶屋(左)
背景山:女体山

①御幸ヶ原コース(みゆきがはらコース)登り 約90分

御幸ヶ原コースは筑波山神社からケーブルカー線沿いに登ります。御幸ヶ原(山頂駅、コマ展望台や茶屋があるところ)を経由して男体山頂を目指すルートとなります。標高差があり比較的険しいコースとなっています。

【距離】:約2.5㎞

【標高差】:610m

【所要時間】:◆登り 約90分~100分◆下り 約60分~75分(休憩なしの時間)

筑波山神社からの登山コース案内 筑波山男体山登山口とケーブルカー乗り場への階段

御幸ヶ原コースは、筑波山神社を左に進み、ケーブルカー乗り場方面へと進みます。すると登山道入り口の標識が見えます。登り始めたら深呼吸をしながら登ることをおすすめします。そこまで高度はありませんが結構息切れします。しっかりと呼吸を整えましょう。

筑波山登山ルートみゆきがはらコース

御幸ヶ原コース道中の見どころは、2つに分かれた大木。

筑波山登山道にある2つに分かれた大きな木

大木に触れると自然のパワーを感じます。

他にも、自然から湧き出た冷たいお水を飲めるスポットがあります。

筑波山登山ルート中の湧水

湧水を過ぎてからしばらく進むと過酷な階段道が続きます。かなり足にきます。ここを踏ん張れば御幸ヶ原に到着するので頑張りましょう。

筑波山男体山筑波山頂駅前御幸ヶ原ルート

御幸ヶ原(山頂駅、コマ展望台や茶屋があるところ)に到着すると左手に男体山頂への入り口見えます。右手に進むと女体山山頂(877m)へ行くことができます。御幸ヶ原に着いたら水洗トイレが設備されているのでトイレを済ませておきましょう。

筑波山男体山

男体山頂上へは、ごつごつした岩々を登っていきます。

筑波山男体山のごつごつした岩 筑波山男体山頂上

男体山山頂871メートルからの景色。

男体山からの景色

②白雲橋コース(しらくもばしコース)登り 約100分

白雲橋コースは筑波山神社から数々の大きな岩や筑波山の豊かな自然を楽しめるルートです。御幸ヶ原(山頂駅、コマ展望台や茶屋があるところ)を経由せずに女体山頂(877m)を目指すルートとなります。

【距離】:約2.8㎞

【標高差】:610m

【所要時間】:◆登り100分~110分◆下り 90分(休憩なしの時間)

筑波山神社からの登山コース案内

白雲橋コースは筑波山神社を正面に見て右方向へと進みます。

筑波山白雲橋登山コース

3分ほど歩くと鳥居がお出迎えしてくれます。ここが白雲橋コースのスタート地点となります。

筑波山登山コースの白雲橋コース入り口の鳥居

しばらく緩やかな道が続きます。小鳥のさえずりや森林浴を楽しみながら歩くことができます。登り始めたら深呼吸をしながら登ることをおすすめします。そこまで高度はありませんが結構息切れします。しっかりと呼吸を整えながら登山しましょう。

女体山の白雲橋コース

白蛇弁天 (はくじゃべんてん)

筑波山登山コースの途中にある白蛇弁天

(ここに白蛇が住むといわれ、白蛇を見たものは財をなすといわれています。)

白雲橋コースは①御幸ヶ原コースよりもご年配の方々が多く見られます。

筑波山女体山白雲橋コース

弁慶七戻り(べんけいななもどり)

1時間ほど登ると大きな岩”弁慶七戻り”が現れます。
筑波山女体山コース途中の弁慶七戻りの大きな岩

(古来「石門」といい、聖と俗を分ける門。頭上の岩が落ちそうで弁慶も七戻りしたと言われています。)

弁慶七戻りをくぐり

筑波山弁慶七戻りの大きな岩

後ろを振り返ると、

筑波山登山女体山コース弁慶七戻りの岩

大きな岩が落ちてきそう!!

筑波山女体山にある弁慶七戻りの岩が音的想に見える

あの弁慶も7度戻ったと言われているのもうなずける迫力満点の大岩です。

母の胎内くぐり

母の胎内くぐりの岩

(筑波山禅定(修験の行)の行場の一つ。岩を抜けることで、生まれた姿に立ち返ることを意味しています。

筑波山女体山母の胎内くぐりの岩

白雲橋コースの終盤は岩の道が続きます。

筑波山白雲橋コースの最後岩道

女体山頂上へたどり着くと、関東平野を一望できる素晴らしい景色を眺めることができます。877メートル地点。

筑波山女体山からの眺望

女体山から御幸ヶ原へは、緩やかな山道を下って10分ほどで到着します。御幸ヶ原ではお土産、食事休憩に最適な場所です。きれいな水洗トイレも設置されているのでここでお手洗いを済ませることができます。

筑波山の山頂に向かう道中にある蛙岩に向かって石を投げているモデルの様子です。

御幸ヶ原ではつくば名物「つくばうどん」がいただけます。「つくばうどん」は筑波山頂駅側に位置する「たがみ」がおすすめ。

筑波山売店たがみの入り口

鶏だんごや地元野菜がふんだんに入った「つくばうどん950円」。山の上で食べるうどんは格別です。

筑波山にある売店のたがみのつくばうどんです。 筑波山たがみの店主と記念撮影

お茶目でかわいい「たがみ」のおばちゃん。

筑波山頂の売店たがみの食事メニュー

「たがみ」ではうどんやそばの他にもカレーライスやビール、おでん、おしるこなど豊富なメニューが揃います。夏は登山後のかき氷が堪りません。


まとめ

・①御幸ヶ原コース②白雲橋コースどちらもおすすめのコースです。どちらが楽か?どちらも楽ではありませんが②の白雲橋コースのほうが登山時間は長くなりますがその分①御幸ヶ原コースより若干緩やかに登ることができます。足に負担がかかるのは①御幸ヶ原コースです。
・景色は男体山頂より女体山頂のほうが迫力と爽快感を堪能できます。男体山山頂は結構地味です。
・どちらのコースも足元が滑るコースとなっているため、滑り止めの付いた靴を履いて登山することをおすすめします。
・夏場はかなりの酷暑のため水分は必須です。(最低でもペットボトルの水500mlは持参しましょう。)

登山している男性が山からの景色を見ている様子

筑波山登山の装備と持ち物リスト

2016年6月5日
・御幸ヶ原(筑波山駅前広場)では絶景を楽しみながらお食事ができるコマ展望台があります。お土産売り場もあるのでぜひ寄ってみて下さい。
筑波山頂駅となりにあるレストランのコマ展望台

コマ展望台|筑波山頂のクルクル周る展望台レストラン

2016年8月11日
・登山途中にトイレはありませんので筑波山神社で済ませてから登って下さい。
筑波山神社

つくばを代表するパワースポット関東の霊峰・筑波山を御神体とする【筑波山神社】

2016年2月29日
・登ってみて下りる体力、足がパンパンという場合は無理をせずケーブルカーを利用ください。(筑波山登山は登山未経験のかたには意外にキツイです。)
筑波山神社近くにある宮脇駅の売店

筑波山ケーブルカー 宮脇駅

2016年8月11日
・下山後は森林浴を楽しみながら疲れたカラダを癒してくれる足湯がおすすめです。
筑波山江戸屋

【筑波山江戸屋】森林浴を楽しみながら足湯を満喫

2016年6月20日
・グルメ・レジャーなど筑波山周辺を案内しています。
筑波山観光スポット情報紹介ページのアイキャッチ

筑波山案内・周辺スポットのご紹介!グルメ・レジャー・お買い物

2016年12月10日










つくばの情報をお届け!